話題」カテゴリーアーカイブ

50

おおもり語らいの駅にて

齋藤先生の奥方様が講師として

棒灸カバー作り教室開催されました♪

わたくし志賀はお手伝い部隊!

今回はマダムや小さなお子様連れのママさんがメイン

まずはお灸とはなんぞや?というお話から

その効果まで多岐に渡ります

とってもわかりやすい説明!棒灸への興味が湧きますね

早速の実技、皆さま器用!

わたしもデモ品作りながら説明のお手伝い。

せっかくなので

大田区の見守りキャラクター

みまーも

をモチーフにしてみました。

小学校帰りのこどもたちが

ねえねえ、これなに?

お灸するとどうなるの?

と質問攻めw

大きくなって、体調イマイチになったら

おおもり東口はりきゅう治療室にいらっしゃいね♪

謹賀新年

本年もよろしくお願い申し上げます。

スタッフ一同

バオバブ

■Amazonで購入して、種子から育てたバオバブ(二年目)。

越冬のために治療院に持ってきたのですが、環境が変わったせいか、あっという間に葉を落として丸坊主になってしまいました。

昨年は、そのまま春先まで休眠していたのですが、今年はなんと!

もう新芽が出ているではありませんか。

世間では桜の狂い咲きがNEWSになりましたが、アフリカ出身のバオバブ、遠い異国であるところの日本でも、頑張っています。

右の写真は、下の方に、やはり次々と新芽を出したボトルツリー(寄せ植え)。

ボトルツリー

冬支度でボトルツリーを室内に入れたら、暖房のせいなのか、新芽が出てきたのであった。

ソコトラナム

■冬が近付きつつあり、表に出していた植物を、室内へ。

先輩の治療を受ける実習中

■先輩の治療を、解説と見解をレクチャーしながら交代で受けています。

一時間以上かけて、丁寧に指導しながら。

疑問点はその場で質問できるッス!

漢方薬 政府が効能データ検証へ|BIGLOBEニュース

ツボに現れる反応とは?

中国鍼の妙技、秘技、奥義は基礎にあり!の巻

■本日は診療の空き時間を利用して、鎌田先生による『中国針』のレッスンです。

 まず正しい打ち方(治療で鍼を刺ことを「鍼を打つ」と言います)を習得し、2,000本刺針した後、指導担当の先生や先輩に刺針して評価を得ます。

 立身中正・站椿放鬆・虚心坦懐

 名人芸と呼ばれるような手さばき、針使いも、実は基礎的な動作・姿勢の中に秘密があります。

 長く続けることで培われる絶対的な技能を功夫と言います。

 中国の伝統的な技芸はこの功夫を重要視しています。

 「氷凍三尺不是一日之寒」

 

2018年度の研修スタートです

■本年度もいよいよ研修がスタートいたしました。11名の鍼灸師が新たに、研修センターにて中医鍼灸を学びます。

■出身校も、卒業年度も違う鍼灸師がお互いに切磋琢磨し、1年かけて治療技術を中心とした臨床能力の向上を目指します。

太田先生のよるオリエンテーションの様子 ↑

↓ 鎌田先生による背部兪穴を素早く正確に取穴する方法。